So-net無料ブログ作成
-| 2013年01月 |2013年02月 ブログトップ

クレジットカードの紛失と盗難にあった場合の届出 [クレジットカード]

クレジットカードを紛失してしまったり、盗難にあったりした場合にまずすることはクレジットカードを契約している信販会社への連絡で、場合によっては利用を停止してもらいます。次に警察に紛失あるいは盗難の届出を出します。クレジットカードを契約会社への連絡先はすぐできるように日頃から用意しておきたいです。
一般にカード会員規約には紛失・盗難により不正使用がなされた場合には、その損害は会員が負担する旨の定めがあり不測の損害が予想されます。

具体的な記載内容としては、紛失・盗難が会員の故意または重大な過失による場合や会員の家族などの関係者によって損害が生じた場合、戦争・地震などによる著しい混乱状態の場合は会員が所定の届出を行ったとしても免責されないと定められている場合が多いそうです。
また、クレジットカードの不正利用に関しては、販売会社もクレジットカードの使用者と名義人が同一人物かの確認を行う義務があります。つまり名義人は、クレジットカードの不正利用の責任を販売会社に問うことができ、何らかの落ち度がある場合は信販会社からの請求を拒否することができるということです。
もちろんクレジットカードを所有している名義人や販売会社に落ち度がなければ責任を免れるとともに、名義人から紛失や盗難によって取得したクレジットカードを不正に使用した者には、損害賠償請求をすることができます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

-|2013年01月 |2013年02月 ブログトップ